アフターピルとは緊急避妊薬のことをいいます。アフターピルの服用方法は通常の低用量ピルとは異なり、性交渉後の72時間以内に服用し避妊を回避をする薬剤となっています。アフターピルをご存知ない方はぜひ当サイトをご覧ください。

薬を使っている女性
  • ホーム
  • 女性は知っておこう「エストロゲン」ってなに?

女性は知っておこう「エストロゲン」ってなに?

女性ホルモンには大きく分けて卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類ありその2つがバランスをとりながら分泌し28日位のサイクルで多くなったり少なくなったりしています。

卵胞ホルモンのエストロゲンは卵巣から分泌され20~30代の間は比較的安定して分泌されます。
乳腺の発達を促したり潤いのある肌や髪になったり女性らしい丸みをおびた体つきになるのもエストロゲンの働きです。
また自律神経を安定させる働きや骨を丈夫にしたり脳の血流を増やし働きを活発にするという役割もあります。

30代を過ぎ40代になると卵巣の機能そのものが低下するのでエストロゲンの分泌量が減少していきます。
その為、プロゲステロンとのホルモンバランスが崩れ身体に不調をきたします。
この状態は更年期障害といわれ自律神経の乱れでのぼせや動悸がおこる等の様々な症状が出ます。

自律神経が乱れる原因は脳にもあります。
エストロゲンは脳からの命令を受けて分泌されますが卵巣の機能が低下しているので命令をしてもエストロゲンは分泌されない為、脳が混乱し自律神経をうまく調節できなくなってしまうともいわれています。

エストロゲンが少なくなると骨の吸収を抑える力が弱くなったり骨の代謝が悪くなるので骨粗鬆症になりやすくなります。
骨粗鬆症は骨が脆くなってしまいますが自覚症状がほとんどありません。
脳の働きを活発にする働きも鈍くなるので認知症のリスクも高くなるといわれています。
エストロゲンは少なくはなりますが男性ホルモンのアンドロゲンがエストロゲンを合成するので無くなってしまうということはないようです。
大豆などの食品にも植物性エストロゲンが含まれているので取り入れてもいいかもしれません。

エストロゲンは少なくても影響が出ますが多くても乳ガンや子宮体ガンのリスクが高くなるともいわれています。
脂肪組織の影響でエストロゲンが合成されることもあるので閉経後もガンのリスクを避けるためにも肥満には注意が必要です。

プレマリンクリームやクリマラの更年期障害への効果

プレマリンクリームは結合型エストロゲン有効成分とした塗るタイプの薬です。
錠剤のプレマリンに比べ直接塗るので乾燥などに高い効果をもたらすことができます。
エストロゲンの減少は膣の粘膜が薄くなってしまうため乾燥してしまい弾力を失って萎縮してしまうことがあります。
プレマリンクリームは膣に直接塗るので潤いを供給し弾力をもたらします。

有効成分の結合型エストロゲンはエストロゲンの低下を改善するのでイライラするなどの更年期障害への効果も期待できます。
プレマリンクリームは顔や手足に塗ることもでき結合型エストロゲンの効果でみずみずしい肌になるようです。
バストに塗るとバストアップ効果も期待できます。
直接肌につける場合は、かぶれが起きないかどうかのパッチテストをしてからつけることをおすすめします。
二の腕などの目立たないところに塗り、24時間問題がなければアレルギーはないようなので塗っても問題ありません。
体調にもよるので赤みやかぶれが出た場合には使用を中止しましょう。

クリマラはバイエル社が販売しているエストラジオールを成分とする貼るタイプの薬です。
大きさによってエストラジオールの含有量が違いますが一週間、下腹部や臀部に貼って使います。
その後の一週間は休薬期間とし連続して使用してはいけないことになっており貼る場所も毎回、皮膚刺激を避けるためにも変える必要があります。

クリマラは貼るタイプのため皮膚からゆっくりと成分を吸収します。
その為、急激なエストロゲンの変化が起こらず肝臓などに負担がかかるのを防いでいます。
成分のエストラジオールはエストロゲンの一種なのでのぼせやほてり、イライラするなどの更年期障害による症状に効果があるといわれています。

このような方法は更年期障害を改善するといわれておりホルモン治療療法として病院の処方薬として使われることもあります。

関連記事