アフターピルとは緊急避妊薬のことをいいます。アフターピルの服用方法は通常の低用量ピルとは異なり、性交渉後の72時間以内に服用し避妊を回避をする薬剤となっています。アフターピルをご存知ない方はぜひ当サイトをご覧ください。

薬を使っている女性
  • ホーム
  • 自宅で出来る生理痛緩和法をいくつかご紹介

自宅で出来る生理痛緩和法をいくつかご紹介

毎月きつい生理痛があるとわかっていても、我慢して過ごしたり、横になってこらえている人が多いです。
生理痛がつらい場合は我慢せず、自宅でできる生理痛緩和方法を試してみましょう。

一番おすすめなのは「体を温める」ことです。
クーラーのきいた部屋で過ごす際は冷え過ぎに気を付けて、上着を一枚多く羽織ったり、ブランケットでお腹周りを温めることが大切です。
生理痛は腹部が痛むので、子宮のある辺りや腰回りを温めることで生理痛緩和効果が期待できます。

生理痛では横になる方が良いのですが、寝方についてはひざを曲げて枕を抱えるのも効果的ですし、うつぶせになると痛みがましになることがあります。
また、30分毎に伸びや屈伸をしたり、寝る前にストレッチなどを行うのも良いです。
血行促進と気分転換になり、生理痛緩和が期待できます。

生理中の子宮は多くのエネルギーを必要としているので、たくさんの血液が必要になります。
その一方で、剥がれた子宮内膜とたくさんの子宮内膜を体外へ出します。
そうなると基本的に血を補う必要が出てきますので、血行を促進することで生理痛が和らぐというわけです。
血行促進のためには腹部を締め付ける服装を避けたり、お風呂はシャワーで済ませず湯船に浸かるのも良いです。

自宅でできる生理痛緩和方法は他にもあります。
おすすめはツボ押しで、血海(けっかい)や気海(きかい)を適度に刺激することで血行を促進したり体を温めます。
血海は左ひざの内側から指3本分上のところにあり、気海はおへそから指2本分下のところにあります。
また、好みのアロマを焚いたり、洋服や寝具につけて使用するだけでも、リラックスやリフレッシュにつながります。
例えば、ゼラニウムやラベンダーなどがおすすめです。

食べ物や飲み物に関しても、自宅でできる生理痛緩和方法があります。
おすすめなのは豆乳などの大豆製品で、大豆にはイソフラボンが含まれており、女性ホルモンと同じような働きをしてくれるので、ホルモンバランスを整えてくれます。
また、体を温める生姜も効果的で、冷えを解消して生理痛緩和につながります。

ところで、どうして生理の時にお腹が痛くなるのでしょうか。
生理痛には個人差があり、鎮痛剤も効きにくいほどの痛みを感じる人もいます。
この現象のメカニズムはどのようなものなのでしょうか。

そもそも生理痛は何故起こる?

まず、生理は女性が赤ちゃんを子宮の中で育てていくための準備となります。
受精卵を大きく育てるには、じっくり育てていくためのベッドのようなものが必要で、女性は一定の周期をもって毎月そのベッドを体の中で作っています。
ところが受精しなかった場合は、そのベッドは剥がれて体外に出ます。
それが生理のシステムです。

この際に痛みが生じるのが生理痛なのですが、生理痛の原因には「プロスタグランジン」という物質が大きく関わっています。
このプロスタグランジンは生理になった時に分泌されるのですが、剥がれ落ちた子宮内膜を体外に押し出す役目を持っています。
その際に生理痛が引き起こされるというわけです。
ただ、それだけで深刻な痛みが出ているわけではなく、子宮内膜の一部が剥がれ落ちずに子宮内に残り、子宮内膜が厚くなると生理痛がひどくなってしまいます。

また、下半身の冷えにも要注意です。
骨盤内の血行に影響するほど体を冷やしてしまうと、痛みの元となるプロスタグランジンが骨盤内で滞ってしまい、生理痛がひどくなります。
現代人に多い長時間のデスクワークや、きついガードルやピタッとしたジーンズで下半身を締め付けるのも、重い生理痛につながります。

他の原因としては、若い女性や出産経験のない女性に多いのですが、子宮の出口が狭いため剥がれ落ちた血液がスムーズに外に流れにくいことで痛みを感じるというものです。
出産を経験すると子宮の出口が広がるので生理痛が軽くなることもあります。

痛みを強める要因としてストレスがあります。
ストレスはホルモンや自律神経のバランスを崩すため、生理痛を引き起こすだけでなく痛みを強めます。

あまりにきつい生理痛の場合は、月経困難症の可能性も否定できませんので、婦人科を受診する方が良いでしょう。

関連記事