すぐやる人に変わるためには?

すぐやる人に変わるためには?

やらなくてはいけない仕事や課題をつい先延ばしにして、いつも締め切りギリギリになって着手する人も多いのではないでしょうか。

お気持ち、とても分かりますよ!私も追い詰められてから本領発揮するタイプです!

しかしこの先延ばし癖は、出来るものなら治したいですよね。もっと有意義に時間を使うことができれば、QOLも上がるというものです。

実はこの問題、意外にも簡単に解決することが出来るので、皆さんもぜひ試してみてください。

先延ばしにする原因とは?

(明日から始めよう!)

(仕事が落ち着いたら頑張ろう…)

こんな感じで先延ばしする一番の原因は、あなたも心当たりがあるのではないでしょうか。

ずばり心の余裕と言いますか、まだ期限的に追い詰められていないから、先延ばしにしてしまうのです。

逆に考えてみてください。

「今日やらなければ死ぬ!」

これぐらいの強いプレッシャーがあれば、絶対に先延ばしにしませんよね?

まぁこれは極論ですが、多くの人間はその強いプレッシャーを自分で生み出せないのです。

例えば課題や仕事が与えられた時、ボリューム的に3日掛かる内容だったとしましょう。

ここで10日間の納期が与えられた時、完了報告が多いのは何日目になるでしょうか?

答えはなんとなく想像がつくと思いますが、最終日の10日目が最も多くなるはずです。

つまり多くの人が時間いっぱい使って、3日で終わる仕事なのに10日分の時間を使って仕上げようとするんですね。

これは「パーキンソンの法則」といって、人間は与えられた期間に合わせて着手するタイミングを変えたり、仕事のやり方を調節する習性を持っています。

だから先延ばし癖は、誰しもが持っている悪習慣なんですね!

悪魔的な効力?5秒ルールとは

先延ばし癖を解決するために、最も効果的な方法を紹介します!

最初に言っておきますが、これから紹介する『5秒ルール』は爆発的な破壊力を持っており、使いこなせればどんな人であっても成功するでしょう!

ではどんな方法なのか?やり方は、超簡単です!

何かやらなくてはいけないことがある時、心の中で5秒のカウントダウンを開始してください。

「5、4、3、2、1、GO!」

その5秒のカウントダウンが終わる前に、行動を始めるという絶対的なルールを自らに課すのです。

(それが出来れば苦労しないよ…)

って思いますよね?

これは実践してみれば分かりますが、なぜか人はカウントダウンに弱いんですよ(笑)

そのカウントを止めるためのアクションを無意識に探してしまうのです。

またこの5秒ルールを守り続ければ続けるほど、それは絶対的なルールとなり、固く遵守していくことになるでしょう!

「5、4、3、2、1、GO!」

たったこれだけの超シンプルなのに、ルールを守るだけでどんな行動も決断も、あなたの背中を押してくれる最強の習慣になるはずです!

TOPページを見る